デジタルものづくり相談 プラッとものづくり

ものづくりの相談をしたい依頼者と、製造業をデジタルでつなぐ
「プラッとものづくり」システムを活用したデジタル仲間まわしを 駆使して顧客の幅広いものづくり相談をワンストップで対応
プラッとものづくり

詳細

I-OTA・大田区グループという共同受注体が、「プラッとものづくり」システムを活用したデジタル仲間まわしを駆使して顧客の幅広いものづくり相談をワンストップで対応し、付加価値の高いソリューションを提供します。

特徴

相談者・製造業それぞれのマッチング「プラッとものづくり」

ものづくりを相談したい!(発注者)

アイデアレベルの試作・開発の相談や見積依頼等、ものづくり上流段階から相談が可能です。図面がなくても対応します。

ものづくり依頼を受けたい!(受注者)

「プラッとものづくり」システムに参加することで、新たな案件受注の機会を提供します。また、仲間企業同士の見積依頼・回答の工程のデジタル化が可能です。

詳細

登録事業者

プラッとものづくり「I-OTA・大田区グループ」

サイトURL

プラッとものづくり公式サイトはこちら。

https://platto.technoa.co.jp/

運営会社

テクノアは、生産管理システム「TECHS(テックス)シリーズ」をはじめとした中小製造業向けの多くのITツールの開発・提供を行っています。

中小製造業による共同受注体である「I-OTA」との連携により、日本全国の製造業が直面している本質的な課題を解決できるITソリューションパートナーとなる事を目指しています。

https://www.technoa.co.jp/

開発までの道のり

現場力とDX推進で「令和のデジタル仲間まわし」を実現

東京都大田区は、小さな町工場が集積する日本有数の「ものづくりのまち」です。大田区の工場はそれぞれが高度な技術を持ち、工場から工場へと加工をまわす「仲間まわし」によって、難しい加工や開発の要望に応えてきました。しかし近年では地方や海外の大工場との価格競争などにより、厳しい環境に苦しむ町工場も少なくありません。この状況を打破するべく「大田区製造業全体で力を合わせ、単なる下請けの部品加工でなく試作開発段階からのものづくりパートナーになる」ことを目指そう!という思いが「プラッとものづくり」プロジェクトの始まりです。 従来までの仲間回しは、顧客から相談を受けた「ハブ企業」がそれぞれの加工に特化した仲間企業に、個別に電話・メール・FAX、あるいは直接工場に出向いて仕事の調整を行っていました。この工程には大変な手間と時間がかかり、試作開発案件への挑戦を妨げる大きな原因の一つでした。この工程の「プラッとものづくり」を活用したデジタル化で大幅な業務効率改善を実現し、自信を持って「どんなものづくり相談もお任せください」と言える「令和のデジタル仲間まわし」体制が整いました。

よくある質問

どうしたら「プラッとものづくり」に参加できますか?

プラッとものづくりのページからご登録ください。
https://platto.technoa.co.jp

プラッとものづくりの「I-OTAグループ」に加盟するにはどうしたらよいですか?

加入前に、業種の確認やNDAの締結等をお願いしております。詳細はHP内のお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

「プラッとものづくり」は有料ですか?

無料でご利用いただけるプランもございます。
一部機能は有料会員のみご利用いただけます。
詳細はプラッとものづくりページからご確認ください。
https://platto.technoa.co.jp/