I-OTA 運営企業

有限会社大野精機

I-OTAへの想い

 地域プロジェクトと本業の兼ね合いやバランスは難しいがその中で得るものは大きい。私は2012年から2018年までの6年間下町ボブスレープロジェクトに携わらせて頂きました。今はささやかながらIT面での後方支援を続けさせて頂いています。本業である大野精機の仕事があってこそのボランティア活動ですが、熱が高まるほどバランスを見失うことがなかったとは言えませんでした。2018年のピョンチャン五輪が終わり、次の体制へ移行する段階で本業に力をいれ、自分を取り戻すという点で一区切りつけさせて頂きました。

 本業へのバランスを取り戻すなかで2年が経過する中、下町ボブスレーで共に活動をしていた國廣氏と西村氏からI-OTAに参加してみないかと誘ってもらいました。下町ボブスレーといういわば課外活動を通じて本業では試せない、経験できないことたくさん学ばせて頂き、挑戦させて頂きました。その中で得た事は仕事でも人生でもとても役にたっています。会社の中にいたのでは経験できないこと通じて、自社や自分に活かせる事を学ばせて頂いていたのです。下町ボブスレーは大田区といえば下町ボブスレーというみんなのプロダクトを目指して五輪の舞台を目指して活動をしていました。

 I-OTAは下町ボブスレーで再発見した企業連携を高めて顧客に価値を提供していくというビジネス活動に寄ったものです。とはいえ地域活動という面が強く、目に見えない活動、すぐに利益にならない活動も多いです。ライフワークとしての面が強くなっていますが、常に本業とのバランスを考えながら活動しています。本来の企業活動も、今の利益も大事ですが、将来への利益につながる活動をするという意味では似ているのかなと思います。

 私は広報を担当しております。役割としては「I-OTAと外部との通訳」というイメージをもって活動しています。「I-OTAとは何なのか」が伝わりにくいと思いますが、色々なツールを介して伝わることを願っています。

有限会社大野精機

住  所

〒143-0015 東京都大田区大森西7-5-35

T E L

03-3761-5092

F A X

03-3768-4820

設  立

昭和33年9月

事業内容

業務用食缶締め機「クリンパー」製造・修理、旋盤内径加工用オーダーメイドホルダー「ゴリラホルダー」製造販売、六角生爪「カメチャック」製造販売、内部給油噴射装置「クールミスター」製造販売、NC旋盤加工、マシニング加工、ワイヤーカットなど部品製造。

事例紹介

旋盤加工用の治工具の開発や製造、販売をしています。ゴリラホルダーは旋盤内径工具用のオーダメイドホルダーを製作するサービスです。標準品から特殊な大型品まで承っております。ゴリラホルダーの派生商品ラインナップも増えており、お客様のお困り事にきめ細かく対応致します。

カメチャックはNC旋盤、汎用旋盤、マシニング加工で使える六角生爪です。親爪と子爪にわかれており、子爪だけを交換することで使用できます。クールミスターはゴリラホルダーに取り付けてスローアウェイドリルなどで内部給油しオイルミストを直接加工部に噴射できる装置です。

ごあいさつ

 私の祖父は栃木で生まれ、小学校を卒業してから丁稚奉公で東京にでて金属加工で修行をし、戦争から戻ってきてから自分の技術と営業力を活かしていまの地で創業しました。私の父が生まれた年でもあります。その父は祖父と共に日本経済の荒波を乗り越えてきました。

 金属加工を日々向き合っていますが、仕事の内容は常に変化しています。時代と共に私達が削った金属部品の使用先も常に変化しています。やってみようという意欲や工夫を忘れずに日々仕事をしたいと思っております。

 依頼された図面(譜面)を作曲者の意図通りに再現するのが製作(演奏)

 このような役割関係の仕事はそれこそ祖父の時代からあり高度化していっております。

 一方、いまある技術を活かして"曲"を書いて、発信して、売ってみる、届けてみるという仕事も増えつつあります。いずれも祖父から続いている目の前の金属加工と向き合うことは変わりません。お客様に求められている最適な答えを常に求めてお役にたてるよう誠意をもって努力してまいります。

有限会社 大野精機
取締役 大野和明