I-OTA 運営企業

株式会社エース

I-OTAへの想い

 下町ボブスレープロジェクトの参加をきっかけに、多くの区内のものづくり企業の方々と知り合うことができました。それぞれ様々な技術に特化した町工場がこんなにも多くあるのかと実感したと同時に、自社の強みや弱みを知ることもできました。私はこのプロジェクトでも製作のとりまとめ役を担っていたので、およそ6年間大田区内の企業に訪問しては工場内を見せていただきました。

 そこで気づいたことは、自社では対応出来ない顧客からの案件も、区内の仲間企業と連携すれば、対応できる。不得意分野の相談も解決できる。更には新たな分野への挑戦もできる。そんなことを日々考えていていながら、実行できない自分がいました。そんな中、行政の依頼で「ITを活用した大田区の仲間まわしが出来ないか」と相談を頂き、区内企業のヒアリング対象として私の他に2社の社長と当時の現状を伝えておりました。その2社のうちの1社が現I-OTAの代表である國廣さんでした。

 國廣さんとは下町ボブスレープロジェクトで知り合い、途中からは國廣さんが委員長、私が副委員長として苦楽を共にしてきたもっとも信頼のおける仲間です。当時は、お互い将来に危機感をもっていたこともあり、毎週、行政のヒアリング対応していた中で、ITを活用することを考える前に、先ずは受注量をいかに増やすか、区内企業同士のつながりをより強固なものにしていくのか。の方が優先ではないかと思うようになりました。そこで、それぞれ得意分野が全く違うこの3者で会社を興したら今までとは全く違った受注、対応が出来るのではないと思い、I-OTA合同会社を立ち上げました。それぞれ自分の会社もあります。なかなかスムーズにいかないこともありました。それでも少しずつ大手企業からの引き合いや農業分野への進出等、実績もついてきたと同時に課題も見えてきました。

 私が以前から思っていた、「区内企業との連携、全国のものづくり企業との連携、それぞれの得意分野を集結することで新たな分野への挑戦、それぞれの企業が更に成長できる。」この様な手ごたえも感じてきました。正解は何かは分かりませんが、お客様からは「ものづくりに困ったらI-OTAに相談すれば多くの仲間企業の連携で解決してくれる」と思ってもらえるようにこれからも頑張っていきます。仲間企業の皆様にはI-OTAを通じて、横の連携が円滑にできるようになった。新たな分野へ挑戦できた。自社で対応出来ない案件も積極的にとっていけるようになった、と思えるよう頑張っていきます。

株式会社エース

住  所

〒146-0081 東京都大田区城南島2-5-1

T E L

03-3790-5500

F A X

03-3790-5560

設  立

1974年6月

事業内容

機械加工全般(各種治具製作、生産設備部品加工、試作・研究部品加工他)

事例紹介

熱交換器用コルゲートマシン(設計、製作、組立)   
ラッピングアーム(加工、組み立て)

ごあいさつ

「周愛信自」

お客様と協力メーカーともに信頼関係を築き、ものづくりの経験・知識を活かして常に感謝の気持ちで取り組む

 この社是のもと当社は創業49年を迎えました。企業理念の「喜ばれるものを造ろう」「安心を売る」図面を忠実に形にするだけではなく、図面から設計者の意図をいかに正確に読み取るかに努め、用途に応じた加工をお客様に提案し、「エースに頼めば間違いない」と言われるものづくりをしております。新たな分野も積極的にチャレンジし続ける企業です。

株式会社エース
代表取締役 西村修